Mautic Documentation

教育

中等もしくはそれ以上の学校は、様々な目的のために成功したマーケティングの自動化を実現するための大きなチャンスを持っています。こうした大学での重要な用途のひとつは、学生の入学プロセスを中心としたものです。

概要

典型的なプロセスを通じて学生の育成を目的としたマーケティング自動化の大学での実装です。このプロセスはカジュアルなサイトビジターから始まり、こうしたビジターを有望な学生としてよりよく分類されるまで育成し続けます。有望な学生が必要なステップを行うと(例えば、キャンパス訪問)、入学プロセスに渡されます。

より広範なユースケース

いくつかのケースではこれでマーケティング自動化ワークフローが完結してもよいのですが、Maiticが提供する、アクティブな学生の入学を通した学生体験のトラッキング、モニタリング、そして改善におけるさらなる利点以上の、そして元学生や卒業生として卒業後のさらなるステージのためのユースケースもあります。

専用の用語

ビジター - 匿名のコンタクト。カジュアルな訪問者です。

学生 - コンタクト。これは有望な学生、現在の学生、卒業した学生です。

ワークフロー

教育環境のためのワークフローは、一般的なワークフローにほとんどの部分で似ています。とはいえ、いくつかの重要な違いがあります。まず、学生はコンタクトとしてみなします。学生はコンタクトとして同様にワークフローを通します。用語としての詳細は以下になります。

1. フィールドの定義

学生は大学が追跡するために役立つユニークな属性を持っています。ニーズにあったマーケティング自動化を設定する最初のステップは、学生のプロファイルのためにこうしたフィールドを作成することです。

2. リストの作成

学生のリストは学生を整理するための便利な方法です。地域、コース、学位プログラム、その他多種多様なオプションのどれで学生を体系化するにせよ、学生リストはグループ化されたものを保ち、ターゲットとのやり取りを容易にします。

3. アセットの追加

大学には有望な学生に提供することができるさまざまなリソースがあります。特定のコースの資料、助成金申請、または他の多くのリソースなど、どんなものでもアセットになります。

...

  • 飛ばされているステップはセールスのユースケースと同じ論理に従ってください *

...

8. ポイントトリガー&アクション

ビジターおよび潜在的な学生は、ウェブサイトや他のオンラインの場所で実行されたアクティビティのすべての数のポイントを獲得します。オフライン活動(例えば、キャンパス訪問)に基づいて、潜在的な学生へポイントを手動で追加することができます。

結論

結論は明らかです。Mauticは、教育環境で使用されるマーケティング自動化プラットフォームとして非常にうまく動作します。潜在的な学生と現在の学生のトラッキング、そしてさらに卒業生をトラッキングし続けるための卒業生のためのリストのメンテナンスとフォローアップのメール送信、こうしたすべてをMauticで行えます。