Mautic Documentation

コミュニティ

マーケティング自動化をコミュニティ環境で使用するのは、典型的なセールスの設​​定とは多少異なります。とはいえ、マーケティング自動化のメリットはコミュニティにも享受可能ですし、コミュニティ管理における貴重なリソースとしての役割を果たすことができます。

他のセクションと同じように、最初にすることは専門用語の確認です。多くの主要な用語は他と同じです。

用語

コンタクト - コミュニティメンバー

キャンペーン - エンゲージメントとみなされること

ワークフロー

コンタクトを特定の支出(例えばセールス)にファネリングするのではなく、コミュニティ内でのマーケティング自動化をみてみると、ワークフローはそのほとんどがコミュニティを管理するためのものです。コミュニティの管理には、いちばん関わっているコミュニティメンバーの選定、彼らの取り組み、彼らの作業への公での賞賛が含まれます。

コミュニティを監視するときに、最も活発なボランティアが必ずしも最も声の大きいメンバーではないということに留意することが重要です。マーケティング自動化を使用すると、単なる声だけの参加者を除外した方法で貢献しているコミュニティのメンバーを見つけることができるようになります。

コミュニティ設定では、先に定義したマーケティング自動化の目的にはボランティアの配置と報奨が含まれます。この点を念頭に置き、こうしたボランティアを識別するのにMauticを役立てることができます。こうしたことは、Mautic内の多くの統合を使用して、また、各ボランティアにポイントを適用することによって行うことができます。

このシナリオでは、ポイントはコミュニティへの関与を計算するために使用されています。これらのポイントは、ボランティアによって行われたアク​​ションや活動の任意の数に適用することができます。これらの活動の例としては、フォーラムへの投稿、チャットメッセージ、ニュースレターリストのメッセージ、または選択した任意の他のメトリックを含まれています。特定のユースケースやコミュニティ特有のことによって重み付けされたポイントをユーザに付加することにより、自分がどこに参加するべきかを素早く見つけることができます。