Mautic Documentation

所有者のメールと名前から送られてきたメール

オーナー(mauticユーザー)を持つユーザーに送信されるメールを自動的にパーソナライズすることができます。この機能は、 from emailfrom namesignatureの設定をデフォルトの設定からユーザーの設定に変更します。

要件

  • Mautic 1.3.0+
  • Mandrillなどのトークン化されないメール転送。この機能はAPI経由のメールでは動作しません。

コンタクトオーナーから送信されるメールを有効にする方法

  • 右上隅にある歯車アイコンをクリックして、管理メニューを開きます。
  • 設定メニュー項目を選択します。
  • メール設定タブを選択します。
  • メーラーがオーナーはい に設定します。
  • 設定を保存します。

署名

署名はMautic 1.3.0の新機能です。署名のテキストを設定する場所は2ヶ所があります。

1.デフォルトの署名は、設定メール設定のタブにあります。デフォルトのテキストは Best regards,<br/>|FROM_NAME| です。|FROM_NAME|トークンはメール設定タブの メールを送信する名前の値に置き換えられます。コンタクトオーナーが未知の場合はこの署名が使用されます。 2.すべてのユーザーはプロフィール編集ページで自分の署名を設定することができます。コンタクトオーナーが既知の場合はこの署名が使用されます。

署名は {signature}トークンによってメールのテキスト内に配置することができます。

コンタクトオーナーの署名が使用されない場合の例外が一つあります。ユーザーがコンタクト詳細から直接メールを送信するとき、その時にログインしているユーザーの署名が使用されます。そのコンタクトに別のオーナーが割り当てられていたり、オーナー自体が割り当てられていない場合でも関係ありません。

FAQ

すべてのメールで動作しますか?

例外があります:

  • メールはコンタクトに送信する必要があります。そのメールに割り当てられたコンタクトがMauticにない場合は、Mauticはそのオーナーが分からないので選択スべきそのユーザー名やメールや署名も分かりません。テストメールを送信するときにこうなります。
  • コンタクト詳細からメールを直接送信した場合、ユーザー設定ではなくフォームからのfrom namefrom email が使用されます。これらの値にはログイン中のユーザー名とメールがあらかじめに入力されます。